Company Profile地域の皆様に安心を与える企業に

稚内地域の皆様に安心を与えられる企業になれるよう、
私たち武藤はくぜんは努力を続けます。

代表あいさつ

武藤 尚
代表取締役
武藤 ただし
ニーズに合ったサービスを

東京の老舗葬儀社にて修行していた頃、たくさんのご葬儀の担当をさせていただき葬祭ディレクターとしてのいろはを学び、もっと心のこもった本来のご葬儀の在り方や自らが行ってきた先進のサービスをご提供できないかと考えた結果が、出身地・稚内に戻って一からはじめることでした。地元では町内会の皆様から地域の慣習やしきたりを学ぶ一方で、全国の先進の葬儀社に飛び込みで訪問し教えを請い、皆様により良い葬祭サービスをご提供しようと、取り組んできました。そしてこの度、時代の変化に合った、あらゆるご要望にお応えするべく、商品の価格・品質を徹底的に市場調査し、細部にわたって比較検討。自信を持ってご提供できる価格と内容になりました。また、ご要望の多いケースに合わせたセットプランをご用意し、総額の予算からもお選びいただけるように、さらに事前相談や葬儀後の手続き支援や法要などの葬儀前後のサービスを充実させ、経済的・精神的負担を軽減し、トータルでご家族を支えていきます。今後も、お客さまお一人お一人のご要望や時代のニーズに合ったサービスをご提供できるよう取り組んで参りますので、よろしくお願い致します。

会社概要

会社名 株式会社 武藤はくぜん
代表者 代表取締役 武藤 尚
創業 昭和40年
住所 〒097-0005 北海道稚内市大黒3丁目6-36
TEL 0162-23-6554
FAX 0162-22-6554
E-Mail info@mutou-h.com
事業内容 総合葬祭業
◆各種葬儀の施行
◆企業・団体へのセレモニーサポート
 <法人・団体指定店契約先>
 KKR/国家公務員共済組合連合会
◆関連各社との事業提携<事業提携先>
 全国儀式サービス(厚生年金受給者協会)
◆仏壇・仏具の販売
◆生花(供花・祝花)の販売、全国配送
◆霊柩運送事業
◆料理
営業地域 稚内市、豊富町、幌延町、猿払村、天塩町、中川町

沿革

昭和40年 浜頓別町にて武藤元四郎が葬儀・造花業「武藤はなや」を開業
昭和42年 稚内市大黒町に本社移転
昭和52年 「株式会社稚内博善社」に法人化
平成元年 代表取締役に武藤雅史が就任
平成11年 霊柩運送事業を開始
平成14年 「株式会社武藤はくぜん」に社名変更
葬儀のお手伝いサービス、セレモニーサポートの開始
平成15年 有限会社武藤フラワーを設立
平成16年 「むとう市民斎場」オープン
平成20年 豊富はなやを事業承継し法人化
平成21年 料理事業「なごみ」を開業
平成22年 家族葬式場「さくらホール」をオープン
平成23年 猿払村の営業を開始
平成30年 「家族葬邸宅こすもす」をオープン
令和元年 代表取締役に武藤尚が就任
天塩町の営業を開始